全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ
全国東洋整体療術協会 中国第2支部の活動日記です。全国東洋整体療術協会 中国第2支部では、整体とカイロプラクティックの技術を、また手技の他にOshiconやブルブル調整器を用いて施術を行っています。
【TOP固定記事】お知らせ
※TOP固定記事です。

 JTCA_posterTOP.jpg

全国東洋整体療術協会は、
 「全国に多くの優秀な整体療術師を」
 「一家に一人、整体の技術者を」
 「老人介護、福祉への貢献」
の理念を掲げ、実績と経験に基づいた、どなたにもわかりやすいマニュアルと無料実技講習会及びカイロ講座(全国で開催中)を東洋整体教育センターにより実施し、優秀な人財を育成しております。

当院では、整体とカイロプラクティックの技術、また手技の他にオシコンブルブル調整器を使って施術を行っています(現在のところ会員制・紹介制・完全予約制です)

※東洋整体については、こちら(東洋整体HP)をご覧ください。
※全国東洋整体療術協会中国第2支部FACEBOOKページは、こちらから。
※Twitterアカウントは、JTCAsaninです。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

摘みたてイチゴ
 c@20180513.jpg

整体のお礼に摘みたてのイチゴをいただきました。
売っているものほど甘くないとのことでしたが、口にしてみると充分に甘くて美味しかったです。
それに香りが強く、良い香りが漂っています。

愁訴を事前に聞いていましたが、実際に視診、触診で確認すると、原因は別にあるように感じたので、念入りにチェックして施術しました。
施術後は動きが良くなり、維持するために気をつけることを話しました。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

GW後半
 C@20180503.jpg

ゴールデンウィークも後半に入りました。
連休ということもあり、いつもは忙しい方から整体の依頼があり、ボチボチと施術しています。
また連休で時間があるので、「読みたくて買ったものの、なんだかんだ……で読めなかいで積んであった本」をまとめて読んでいます。
もちろん周りには愛犬と愛猫がいて、マッタリと時間を過ごしています。

疲れを癒して、連休明けの仕事に備えましょう!

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

2018/04 鳥取講習会
 

今日は、3ヶ月に1度の講習会を開催しました。
ここのところ、鳥取講習会のメインは、以前、学んだ技術の応用です。
一つ一つの技術を深堀りしていくと、色々と気付きます。
また各々で応用の仕方が違っていたりして、勉強になります。
より効果的に、より安全に……を考えながら、技術のブラッシュアップが出来たと思います。
次回は、今回の続きを……と思っています。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

愛犬と
 c@20180401.jpg

愛犬とドッグランに行って来ました。
いつも行くドッグラン、ここで我が家の愛猫のうち2名と出会いました。
愛犬、愛猫ともにお世話になっています。

実は、我が愛犬は、小さい頃から左脚が少し悪くて、時々左脚をあげてケンケンになって移動したりします。
そのためか……最近は右足に負担が掛かって、右足をあげてケンケンしていたり……。

この辺りは人間も同じです。
どこかが悪くなると、他の部位がフォローしますから、フォローしている部位には余計な負担が掛かります。
痛みが出安いのは、そうやってフォローしている側です。
問題は、痛みが出ると、その部位をフォローするため、また他の部位に余計な負担が掛かります。
その繰り返し……。
そうならないように一番の原因と考えられる部位の改善が必要なのだと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

良い時間
久しぶりに「かりゆし」に行ってきました。
いつものように美味しいものをいただきながら、良い時間を過ごすことが出来ました。
基本的に料理はお任せしましたが、どれも美味しかったです。

 c@20180316.jpg

健康を支える要素は沢山ありますが、良いものを食べることは基本です。
基本的に身体は異物を排除しようとします。
その意味では、食べ物も同じ。
それが体内に取り込まれるには、排除されない状態に分解するからです。
身体に良いもの……それは、きっと「分解しやすいもの」とか「分解する時に身体の負担が小さいもの」ということなのだろうと思います。

また消化器系をキチンと動かそうとすると、自律神経を副交感神経優位な状態にすることが必要です。
そのためにはリラックスすることが重要です。

今日も良い時間を過ごせました。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

copyright © 2018 全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.