全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ
全国東洋整体療術協会 中国第2支部の活動日記です(色々な方からヒントをいただいて、その時々で考えたことや感じたことも書いています)。全国東洋整体療術協会 中国第2支部では、整体とカイロプラクティックの技術を、また手技の他にOshiconやブルブル調整器を用いて施術を行っています。
【TOP固定記事】お知らせ
※TOP固定記事です。

全国東洋整体療術協会 中国第2支部のブログです。

 JTCA_posterTOP.jpg

全国東洋整体療術協会は、
 「全国に多くの優秀な整体療術師を」
 「一家に一人、整体の技術者を」
 「老人介護、福祉への貢献」
の理念を掲げ、実績と経験に基づいた、どなたにもわかりやすいマニュアルと無料実技講習会及びカイロ講座(全国で開催中)を東洋整体教育センターにより実施し、優秀な人財を育成しております。

当院では、整体とカイロプラクティックの技術、また手技の他にオシコンブルブル調整器を使って施術を行っています(現在のところ会員制・紹介制・完全予約制です)

※東洋整体については、こちら(東洋整体HP)をご覧ください。
※全国東洋整体療術協会中国第2支部FACEBOOKページは、こちらから。
※Twitterアカウントは、JTCAsaninです。

新型コロナ リバウンドしませんように
とりあえず新型コロナの感染者の確認数が減少傾向になって来ました。
少し安心できる状況になったように思います。
ただ、これから温度や湿度が低下していきます。
一般的にウイルスは温度や湿度に弱く、温度や湿度が低下すると活性化する傾向にあります。
温度や湿度が高い時期に日本国内では感染が拡大しました。
それが変異株の影響なのか?
まだ油断できないのかも……と思います。
一方でワクチン接種は進んでいるのは安心材料ですが、時間と共に効力が低下することが分かっていますので、今後、ブースター接種が始まる予定になっています。
経口の治療薬ができるまで、このようなイタチごっこが続くのか?と……。

これからウイルスが活性化する時期になります。
新型コロナだけでなく、インフルエンザ、RS、ノロ……と気を付けるウイルスが増えていきます。
医療現場は、新型コロナ対策で疲弊しています。
いつ、どこで、誰に、何が起きるか?は分かりませんし、事故、病気……医療機関が対応するのは、新型コロナだけではありません。
それらに医療機関がキチンと対応できる状態うぃ維持するためには、一人一人が予防を心掛けるしかないと思います。
アルコール消毒では対応できないものもありますから、これからは一層、手指洗浄と消毒(アルコール以外のものを併せて)に気を配らなければならないと思います。
新型コロナがリバウンドしないで、温度・湿度が低下する時期を乗り越えることを願っています。
(2021/09/26)

※新型コロナ関連でブログ・トップに掲載した記事のまとめ(ブログ管理人のメモ)……こちら

スポンサーサイト



テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

なぜ?
本当に一気に感染者が増え、一気に減少した第5波。
多くの都道府県で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は発出された状態ですが、ここのところの数字は、感染者数も死亡者数も、ほとんどの都道府県で最大値を更新していません。
それなりには確認されていますから、完全に安心できる状況ではないのかもしれませんが、とりあえず良い方向に向かっているように思います。

 20210923COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

中国地方は、相変わらず……な状況ですから、このままおさまってくれれば……と思っています。

 20210923COVID19-chugoku01.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

 20210923COVID19-chugoku02.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

しばらく確認していない間に2021/08/31に「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」が第5.3版に更新されていました。
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針」は第4版(2021/06/04)に、「COVID-19に対する薬物治療の考え方」は第8版(2021/07/31)に更新されました。

 20210923COVID19ref.jpg

多くの医療従事者の方々、研究者の方々が新型コロナへの対応、対策を立てられています。
先週も書きましたが、一般的に温度や湿度が低くなるとウイルスは活性化しやすい状況になると言われています。
それが温度も湿度も高い時期に起きた第5波。
温度や湿度が低くなるこれからの時期、第6波は起きるのでしょうか?

また、これも先週、書きましたが、これからの時期は新型コロナだけでなく、インフルエンザノロRS、そして普通の風邪……多種のウイルスへの注意が必要です。
その中には、新型コロナやインフルエンザのようにアルコール消毒で感染防止できるものと、そうでないものがあります。
これからはアルコールだけでなく、次亜塩素酸も使って、ウイルスへの感染を防止していこうと思います。



去年の2月から、新型コロナに関する記事をたくさん書いてきました。
よく「なぜ?」と、その理由を聞かれます。
確かに医療従事者の方が、多くの情報を拡散させておられます。
そういう方々に任せておけば……とも思いますが、インターネット上には所謂「デマ情報」が出回っています。
どれが正しくて、どれが間違いなのか……なかなか分かりません。
判断がスゴく難しい……。
その中で、個人として出来ること……それは、せめて私の周りにいる人に出来るだけの情報を伝えることだろうと思います。
直接、伝えることが出来なくても、ブログのURLを伝えておけば、読んでもらえるかも……と思っています。
確かにデータを組み立てたり、色々と読んだりするには時間が掛かります。
書いていることも正確なのかどうか?分からないこともあります。
それでも出来ることを……と。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

とりあえず落ち着いて来たような……
お盆から2週間、夏の大型イベントの最終だったパラリンピックの終了からも2週間以上が経過して、新型コロナの感染者の確認が減少傾向になりました。
予想されていた傾向だとは思いますが、ここまで一気に減少するとは……。

 20210917COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

ここまで減少した原因が、ワクチン接種の拡大によるものなのか?それとも緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の効果によるものなのか?……他に何か減少する要素があったのか?
とりあえず第5波は、落ち着いてきたように思います。

ただ医療従事者は、冬に備えています。
そもそもウイルスは、温度と湿度を嫌う傾向にあります。
そこから考えると温度と湿度が高い夏に発生した第5波は、異常だったのかもしれません。
それだけ変異株の影響が大きかったのかも……と思います。

 20210917COVID19-chugoku01.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

中国地方の数字を見てみると、相変わらず対全国や東京や大阪の数字と比較すると、低いまま第5波を乗り越えることができたのかもしれません。
ただ感染者に対する死亡者の率は、県によって大きく差があります。

 20210917COVID19-chugoku02.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

これから温度や湿度が低くなり、ウイルスが活性化しやすい状況になります。
それは新型コロナだけでなく、インフルエンザノロRS、そして普通の風邪……多種です。
新型コロナやインフルエンザは、アルコール消毒で感染防止できますが、ノロはアルコールでは防止できません。
それでも基本は手指洗浄ですから、アルコールと次亜塩素酸を使って、感染しないように……また感染拡大させないように気を付けていこうと思います。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

【思い出】カイロプラクティック国内研修(2004/09/17-20)
 JTCA@MQ02.jpg

2004年にオーストラリアの大学から先生を招いて、カイロプラクティックの講習が行われました。
関東では、2004/09/17~18、関西では2004/09/19~20の各2日間の講習でした。
この時には、理事・事務局長に任命されており、準備段階からお手伝いをしました。
大学の教授との打ち合わせ、通訳さんとの顔合わせや事前の打ち合わせ、会場の準備……。
関東・関西の両方の研修に参加(メニューは同じですが)して、その様子を撮影していたことを思い出します。
内容は、カイロプラクティックの技術は当然ですが、検査学(技能病歴検査、系統別病歴調査、神経学的検査、整形外科学検査、脳神経検査等)、動的診断法、脊椎評価等……たくさん勉強になりました。

思い出すといえば、東京から神戸に移動した時に、講師の先生方の部屋は予約が上手くできていたものの、我々が泊まる部屋の部屋の予約が上手くできていなくて、急遽、近くのホテルを探したことを思い出します。
その日の周辺で何かイベントあったのか?会場の近くのホテルがいっぱいで、少し離れた高級ホテルの高額な部屋しか空いていなくて、そこに泊まることになって「すごい部屋だなあ~」と……。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

延長と解除
新型コロナについては、色々な話を聞くことがあります。
新型コロナの日本への影響の起点を2020年1月にすると1年8ヶ月で死亡者が約16,,000人ですから、年間の死亡者数は1万人未満です。
となると、例年のインフルエンザの死亡者の数と比較した場合、それ以下か同程度になります。
それだけ考えると「危険」とは思えないのかもしれません。
しかし新型コロナは、
 ・感染しても軽症か無症状
 ・ただし誰がどのタイミングで重症化するか?分からない
というものですから、感染者の管理を考えると人手が掛かり、それが医療の負担を増やし、新型コロナ以外の傷病者のリスクを高めています。

さて……9月12日まで発令されていた緊急事態宣言が一部で解除され、まん延防止等重点措置に変更されるものの、多くは延長されることになりました。
同様に9月12日まで発令されていたまん延防止等重点措置も、解除は一部に止(とど)まりました。

 20210909COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

確かに数字の上では、確認される感染者数は激減しています(NHKの集計)。
また入院中や療養中などの人の数も減っています(NHKの集計)。
ワクチンの接種は、着術に進行しており、1回目を終えた人は約62%、2回目を終えた人は約50%になりました(NHKの集計)。
その一方で重症者数は、大きくは減っていませんNHKの集計)。
(※NHKの集計については、下(追記)に今日現在の表を掲載しました。)

発令が長期化すれば、社会活動・経済活動に大きなダメージが出るのは分かります。
また早く解除してほしい!という声があるのは事実ですが、これまで解除→発令を繰り返して来たこと、それが結果的にズルズルと長期化している原因の一つではないかと……。
それを考えると、今の状況で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を解除して、大丈夫なのか?と疑問に思います。
また重症者数が大きく現象しているわけではないので、医療現場が大丈夫なのだろうか?と思っています。

 20210909COVID19-chugoku01.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

確かに中国地方だけ考えると、随分と状況は良くなっているとは思います。
全国の人口に対する感染者数の率は約1.3%、死亡者の率は0.01%。
これに対して、中国地方の最高値は、感染者数は0.77%、死亡者数は0.007%ですから、かなり低く抑えられています。
ただ感染者に対する死亡者の率は、全国が1%程度に対して、山陰はかなり抑えられていますが、山陽はそれに近い数字になっています(越えている県もあります)。

全国の数字で考えると、新型コロナに罹患すると100人に1人は亡くなることになります。
この数字は、季節性インフルエンザと比べると、かなり高い値と考えられます(※①)。

 20210909COVID19-chugoku02.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

これから温度や湿度が低下していきます。
一般的にウイルスは、温度や湿度を嫌うのですが、温度や湿度が高い時期でこの状況だったので、これからが山場になるように思います。
次々と出てくる変異株……私が知っている範囲では、κ(カッパ)まで出ている(※②)ようですから、10種、発生していることになります。
ワクチン接種の進行と変異株の増加、温度と湿度の低下……これらがこの冬、どう影響して、どうなっているのか?不安に思っています。

まだまだ油断しないで、基本的な予防法(マスク、手指消毒、三密回避等)をしていこうと思います。



※①
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について(インフルエンザ等との比較)」

※②
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応」
>>続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

夏休みが終わり……
9月になりました。
夏休みが終わり、学校が始まる……。
夏休み中は、子供同士の交流がアル程度、抑えられている状態でしたが、夏休みが明けると子供同士の交流機会が増えます。
これまでは大人同士の感染が主だったと思いますが、これからは話が変わってきます。
現時点、首都圏の確認されている新型コロナの感染者数は少し減少気味ですが、これはお盆前後に首都圏での人の動きが小さくなった影響が出ているのかも……と思います。
その意味では、まだ油断できないのかもしれません。

 20210902COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

首都圏の人の動きが小さくなった反面、人は地方に動いていました。
例年より少ない人の移動とはいえ……。
首都圏と比較すると、地方での新型コロナの感染者数の減少率は小さいように思います(全体をキチンと計算したわけではないので)。
それは、地方に人が動いていたことに起因するのか?他の要因があるのか?

夏休み中にあった子供を対象としたイベントやスポーツ大会(夏の甲子園も含まれます)、家族での旅行等……の影響が出るのは、これからだろうとも思います。

 20210902COVID19-chugoku01.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

その一方で、ワクチンの接種は進んでいます。
感染者の増加に対して、重傷者は増加しないのかも……と期待しています。
ただし新たな変異株が日本に入って来ているようですから、どこまでワクチンの効果があるのか?
どうも一進一退のような状況なように思います。

これから気温と湿度が下がり始めます。
そうなると、ウイルスの活動は活発になります。

 20210902COVID19-chugoku02.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

プラスの要因は、ワクチン接種が進んでいること。
それに対してマイナス要因は、気温と湿度の低下、新たな変異株……そして何よりアル意味での慣れではないかと思います。

色々と思うことはありますが、大人にとっても子供にとっても学びや交流の機会がなくなりませんように……。

テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

最近、よく聞かれること
最近、よく聞かれることが、
 ・どこかに出かけたか?
 ・何かイベント(スポーツの大会を含む)に参加したか?
ということです。
前者については、仕事関係以外で遠出(それでも居住している自治体の外には出ていません)していません。
後者については、何も参加していません。

新型コロナが怖いのは、感染していても軽症だったり無症状だったりするので、誰が感染しているのか?分からない点です。
そして変異株の影響か?最近では、若年層(「若い」と言われる年代ではありませんが)でも重症化した症例や後遺症が残った症例があることです。
普通に生活していても感染しやすくなっている変異株が出ているのですから、何かイベント(スポーツの大会を含む)に参加するということは、自分が感染して重症化したり、治っても後遺症に悩まされる可能性が大きくなるということです。
言い換えれば、何かイベント(スポーツの大会を含む)に参加するということは、自分が感染して重症化したり、治っても後遺症に悩まされたりしても仕方がないという覚悟があるということなのだろうと……。
その覚悟は、私にはないので……。



新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引きが、第5.2版に改訂されました。

 COVID19_5-2.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

第5.1版(厚生労働省のHPにリンクしています)の主な改訂ポイントは、
 ○変異株について更新、懸念される変異株(VOC)の呼称にギリシャ文字を使用
 ○主要なVOCの概要を更新、B.1.617.2系統の変異株(デルタ株)について追加
 ○重症化マーカーTARCについて追加
 ○有効性を認めなかった薬剤にカモスタットを追加
 ○ナファモスタット吸入薬の開発中止について記載
等で、第5.2版(厚生労働省のHPにリンクしています)の主な改訂ポイントは、
 ○「4.海外発生状況」を追加
 ○「4.合併症」に、心筋炎・心膜炎、真菌感染症について追記
 ○中和抗体薬カシリビマブ/イムデビマブについて追記
 ○各種薬剤の項目に一部追記
等です。
改訂のペースが上がっているような気がします。
全国に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が拡がる中ですから、有効な情報を早く共有しようということなのかもしれません。

 20210827COVID19.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

先週、記事を書いた時点では、緊急事態宣言は13都府県に、まん延防止等重点措置は16の道県に、合計で29都道府県に発令されていました。
この時点で都道府県の半分以上(約61%)の都道府県に発令されていました。
それが今週は、緊急事態宣言は21都府県に、まん延防止等重点措置は12の道県に、合計で33の都道府県に発令されていますので、既に約2/3以上(約70%)にいずれかが発令されたことになります。

中国地方でも着実に感染者が増えています。
あれだけ抑え込んでいた山陰両県も、アッという間に感染者が1,000人を越えてしまいました。

 20210827COVID19-chugoku01.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

ただし対全国、対東京都、対大阪府と人口で比較すると、感染者数も死亡者数も罹患した場合の死亡率も抑え込んでいます。

 20210827COVID19-chugoku02.jpg
 (これはサムネイルです。クリックすると大きくなります。)

発令された緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で、全国の感染が抑え込みが成功すれば……と思います。
それにしてもウイルスの活動が抑えられると言われる温度や湿度が高いこの時期に、この状況……。
温度や湿度が下がる時期にどうなってしまうのだろうと不安に思います。
またワクチンの接種は進む一方で、ワクチンは接種後に少しずつ効果が下がっていくようですし……。

とりあえず夏休みが終わりますから、学校での感染、それを持ち帰った家庭内感染が拡がらないように……と願っています。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

弱るのは脚から
たまには新型コロナ以外の話を……。

よく「弱るのは脚から」と言われます。
定期的に運動をしていますが、生活の中で……と思って1年ぐらい前に購入したアンクル・ウエイト。
500gの錘が5個入るようになっているので、片足500g~2.5kgまで調整できるものです。

 UncleWeight@P001.jpg

ただ……使っているうちに金具が上手く固定できなくなり(本体、縦になっていなければならない金具が横になってしまうようになりました)、足首にシックリこなくなりました。

随分と使ったので、買い換えを考えて、購入したのがコレ(↓)。

 UncleWeight@P002.jpg

ただサイズを確認しないで購入したので、大き過ぎて、スラックスの時には使うことができません。
錘5個で4kgになるので、片足800g~4kgの負荷を掛けることができるのですが……。
これは運動をする時に使うことにして、普段使い用に買ったのがコレ(↓)。

 UncleWeight@P003.jpg

重さの調整はできないもので、片足3kgのものです。
一定期間、使用すると、一番上のもののように不具合が出ると思うと、調整できなくても良いか……と思います。

心臓から足に向かう血流は、重力の方向に向かうので良いのですが、足から心臓に向かう血流は重力に逆らうことになります。
足から心臓方向に血液を運ぶ時に働くのが筋肉です。
要するに足の筋肉が弱ると、血流が悪くなります。
血液には、
 ・白血球等を運んで病気から身体を守る
 ・全身に必要な養分や二酸化炭素等の不要な物を運ぶ
等の働きがありますので、血行不良は身体に良くありません
そう考えると、やはり重力に逆らって血液を心臓に持ち上げるため、足の筋肉は重要ですから、少しでも筋力を維持していこうと思います。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

copyright © 2021 全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.