全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ
全国東洋整体療術協会 中国第2支部の活動日記です。全国東洋整体療術協会 中国第2支部では、整体とカイロプラクティックの技術を、また手技の他にOshiconやブルブル調整器を用いて施術を行っています。
脚がむくむ(続)
 C@20150726.jpg

「脚のむくみ」について聞かれることが多いので、少し続きを書きます(前回の記事は、こちらです)。

そもそも春から夏にかけては気圧が低下します。
そうなると脚にかかる圧力は弱くなります。
これによって何が起きるか?と言うと、脚の筋肉の緊張が弱くなるという現象であり、それは脚のポンプ機能を低下させてしまいます。
所詮、人間も動物であり、重力や気圧の変化からは逃げることはできません。
脚に圧力を掛けるソックスが人気なのは、この代わりをしてくれるからでしょう。

また湿度の上昇は、発汗作用を抑制してしまいますから、体内に水分が溜まりやすくなります。
水分が体内に溜まるだけであれば、まだ良いのですが、水分が体外に出ないということは、老廃物も体内に溜まっているということになります。

良い/悪いという話を除けば、春から夏にかけて「脚がむくむ」のは、自然なことです。
それを改善したい場合、まず歩く距離を長くしたり、適度なペースで脚を動かすような行動を習慣付けることです。
ただ……それでも改善しない場合があります。
その場合には、体内の水分の流れ(動き)を阻害する原因があるはずですから、まずは病院で検査を受けるのが良いと思います。
そう言うと「たかが脚のむくみぐらいで……」と言われますが、その原因は色々あり、早期に治療した方が良いものもありますから。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:心と身体

copyright © 2018 全国東洋整体療術協会中国第2支部のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.